当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

よく聞かれるお金の質問「なぜ投資をやろうと思えたの?」

お金や投資の話がむすかしい お金

よく聞かれるお金の質問に、

「なぜ、投資をやろうと思えたの?」

が入ります。

確かに不思議がられるのもわかります。なぜなら、私はお金の仕事をしているわけでもないですし、親が投資をしていたわけでもありません。

むしろ、「投資は怖い!自分には関係ない」と思っている人たち(自分もそのひとり)に囲まれている環境。

そんな中で、なぜ投資を始めようと思えたのか。

正しい答えかわかりませんが、一つ思うのは「ずっと探していたから」。

理想の人生はどうしたら叶えられるのかを探していたから、かもしれません。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

老後のお金が不安だったこと

お金に関しては、20代から老後が不安でした。

これぞ、「なんでーーー?!」ですよね。

でめこ
でめこ

身近な人にこの話をすると「え?!なんで?20代に?」と驚かれます。

「20代なんて、一番楽しい時じゃない!その時になぜ、老後の不安を感じていたの?」と言われます。

確かに・・・。

でも、ちゃんと理由はあるんです。

思い出したのですが、私が20代の時(今から30年前)からすでに

「日本の年金制度は危うい」

と言われていたんですね。

その情報が私の耳にも入ってきたわけです。(多分、テレビだと思います)。

それを聞いた私は、

(年金制度がなくなるかもしれないの?!そうなったら、欲しいものが買えなくなるじゃない!)

と妄想したわけです。その結果、

老後、お金がないなんて、絶対にいや!それだけは避けたい!

と強く思うようになりました。

そこからどうしたら「老後お金がない」を避けられるのか?考え始めたんですね。

老後お金がない状態を避けるには、今からお金を備えればいい、と考えました。そこで20代から

  • 貯金
  • 個人年金保険

を始めたんですね。

20代の私を動かしたのは「こうはなりたくない!」とのエネルギー。

他人との比較「隣の芝生が青く見えた」こと

その後、33歳で結婚。

当時夫は正社員。私は派遣社員。

収入はそれなりにありました。

ただ、友人たちの旦那様は、皆、大手企業の正社員。

我が夫よりも、年収にすると300万ぐらい多かったんですね。

それを知った私。

隣の芝生がめっちゃ青く見えて・・・。凹みました。

なんとかして、自分たちも収入を増やしたい!

自分に足りない部分を埋めたい!

いわゆる「欠乏欲求」。

ここでもまた、負のエネルギーが私の原動力になっていたんですね。

この時は、自宅にいながら稼ぐ方法はないかな?と探していました。

今からその方法を身につければ、老後もずっと働くことができるしな、と考えて。

ただ、考えるだけで、実際の行動に移すことはしていませんでしたねえ。

お金が一気に減った経験

そんなこんなをしていたある時。

急に大きな金額のお金が出ていくことが続きました。

その結果、せっかく貯めていたお金がどんどん出ていくのです。

これも相当ショック!

かなり凹みましたよね・・・。

しばらくはズーーーん、と、底まで落ちておりましたね。

でもですね、人間ってみんな強いもので。

ずっと底にはいられないんです。飽きちゃうし、やっぱり何かしたくなるんですよね。

そこで、副業を始めました。

少しでも収入を増やしたくて、本業の後にアルバイトを始めたんです。

決めると早いので、すぐに電話して面接へ。夜の時間帯だったのが良かったようで、すぐに決まりました。

ライフプランを立てたこと

一気に減ったお金を取り戻したくて、家計管理の本を読みまくったのもこの時期。

そこで、運命の出会い!

「ライフプラン」

を知ることに。

家計管理の本に「ライフプランを立てましょう」と書いてあったので、私も人生で初めて見よう見まねでライフプランを立てたんです。

すると、びっくり。

私が理想とする人生には、今のままでは圧倒的にお金が足りない!と、数字でしっかり弾き出されたのです!

ズーーーーーーーん。

ここでもまた、凹みましたね・・・。

このままじゃ、住宅ローンの支払い・修繕費・車の買い替え、そして老後。

生活に必要なものの支払いで、未来の支払いがいっぱいいっぱいだ!とわかったんです。

でめこ
でめこ

当時は夫婦揃って派遣社員。会社からは「正社員は無理」と言われていたので、未来の収入も今の延長線上で計算していました。

現実を突きつけられた・・・。

やっと現実と向き合った、とも言えます。

本気で「自分で自分の人生を変えるしかない」と気づいたこと

その結果。

とうとう私にも

「自分の人生は、自分で変えるしかない」と本気になる時期が来たんです。

それまでは、他人任せでした。

会社が、夫が、、、。

こうしてくれれば、こうだったら、私も不安にならずに済むのに!と。

根底ではそんなふうに考えていたんですよね。

それが、ライフプランを立て、現実と向き合った結果。

やばい、私このままじゃまじで人生後悔する・・・と思えて。

そこでやっと本気で「今から人生を(生き方を)変える!」

と決意することができたのだと思います。

自分の軸で、生きると決めた。

自分の人生は、自分で設計する、と初めの決意。

この決意のおかげで、

  • 「40歳で投資を始める」と期限を決めることができ
  • そのためにまずは投資について学ぶ、と行動計画をたて、
  • 40歳から、投資信託のつみたてをスタートすることができた

でめこ
でめこ

これが、一般人の私が投資を始めることになった流れです。

一番は、情報発信してくださる方たちのお陰

一番大事なことを最後に書きます。

一般人の私が12年前に不安を抱えながら投資を始めることができたのは、

当時、すでに投資経験がある一般の方が発信し続けていてくださった情報のおかげです。

でめこ
でめこ

あの方々が情報発信してくれていなかったら、今の私はありません。

それは確実に言えます。間違いありません。

本当に、ありがとうございます。今も、ずっと感謝しています。

まとめ。エネルギーが人生を変える

「なぜ、投資を始めようと思ったの?」

これは良く聞かれる質問の一つです。

理想の人生を実現するには、私にはお金が必要でした。

だから、20代は貯めて備えることを考え、30代は収入を増やすことを考え。

そして、40代は増やすことを考えるようになりました。

「増やす」に意識が向けられるようになったのは、当時すでに資産運用をしていた一般の方が発信してくださった有益な情報のお陰。

そのおかげで、投資を始めることができたのです。ありがとうございます。

最後までお読みいただきありがとうございます。ではまた明日~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました