当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

夫婦で家計管理をするようになるまで・その2!

遺族厚生年金って子供がいない夫や妻にも支給されるんですね 夫婦・パ-トナ-

我が家は今年(2024年1月)から夫婦二人で家計管理をするようになりました。

半年経過しましたが、感想は「はじめて良かった」。

理由は「お互いやりたいことにお金を使えるようになり、楽しい時間が増えて、家の中の雰囲気が良くなったから」です。

資産形成のスピードも加速しています。

でめこ
でめこ

モチロン、何度か衝突もありましたが、その都度話し合うことで修正できるので、問題解決能力も高めることができます(と思っています)。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

夫婦で家計管理をするようになるまでは、私ひとりでやっていました

以前は私ひとりで家計管理をしていました。

夫に家計の中身をちゃんと見せたことがなかったんです。

なので夫は最近まで、うちにどれぐらいの資産があるのか。いくらの負債(借金)があるのか。

毎月の収支も何も知りませんでした。

私が家計簿をつけていることすら、知らなかったんですよ。

でめこ
でめこ

配偶者に、「貯蓄がいくらある」など、言わない方がいいと思っていましたし。

そんな私に「夫婦二人で家計管理をする」というマインドが芽生えたきっかけは、「となりの億万長者」という本を読んだこと。

昨日の記事にも書いています。

我が家が「夫婦ふたりで家計管理」をするようになるまで
我が家は今年(2024年1月)から、夫婦ふたりで家計管理をするようになりました🎵で、ですね。夫婦ふたりで家計管理をするようになって、家の中の雰囲気が、とても良くなったんですよ。でめこ本当に...

  • 蓄財優等生(資産家、リッチな人)は、しっかり家計管理をしている!
  • しかも、夫婦で協力して家計管理をしている!!
  • だから、資産形成のスピードが早い!!!

と知ったのです。(私も夫婦で家計管理をしたいな・・・)と考えるようになりました。

50代。定年が視野に入ってきたタイミング!

2019年から、私は夫に

「なんでも叶うとしたら、あなたはどんなことをしたいの?」

と、聞きたいなーと思うときに質問するようになっていました。

どんなとき聞くのか?というと、私の気分がいいときです。

振り返れば、過去のすべて、私の気分がいいときに夫にこの質問をしていますね。

でめこ
でめこ

昨年(2023年)の秋にも高速道路を運転中に、気分が良くなったので質問してみました。

すると夫、

「60歳で、仕事の量を減らし、趣味(釣り)の時間を増やしたい」

と言ったんです。

・・・そうなん?

妻はてっきり、65歳まで今の仕事を続けると思っていたのですが、夫はそうではなかったようです。

でも、夫の人生は夫のもの。

夫がそうしたいなら、それが叶うように計画を立てて、準備していけばいいだけです。

と、ここで、私から

「セミリタイア実現に向けて、一緒に家計管理をしよう」

と持ちかけました。

夫、珍しく(笑)素直に「うん」と言ってくれたんですね。ほんと、珍しい。

たぶん、自分の夢がかかっていたからだと思います。

自分の夢が実現できるのかが、かかっていますから。

でめこ
でめこ

エネルギーも高まりますよね!

夫婦で家計管理をするメリットを感じてもらう

もし、配偶者にも家計管理に協力して欲しい場合。

まず、家計管理をするメリットを感じてもらう必要があります。

人は、メリットがないと動かないから。

自分に置き換えてもそうですよね。

メリットがないことに対して、腰が重い重い・・・。汗

ところが、自分にもメリットがあるとわかると、サクサク。軽やかに動けるようになるものです。

家計管理もそう。

考えただけで、めんどくさーとなる家計管理。

協力してもらうには、家族にも「家計管理を協力するメリット」を感じてもらうこと。

これが、一つの突破口になるのではないか、と考えます。

ライフプランを立てよう!

そのために配偶者にも「ライフプラン」を明確にしてもらう必要があるんですよね。

ライフプラン=人生で何をしたいか?どんな風に生きたいのか?

願望を実現するために、家計管理をするんだなーと理解してもらえないと、主体的に動いてもらえないですよね。

自ら気づいて、意識が変わらないと、行動も変わらない。

と、その前に。まずは、自分も!わたしも人生で何をしたいのか?

ハッキリさせて、それを軸に行動することも大切ですね。

お互いライフプランをたてて、お互いの夢の実現のために、チームで協力する考え方に切り替える。

夫婦はチーム。家族はチーム。みんなで協力すると、ゴールに辿り着くのも早いよね、と。

そこに気づくと、変わるのも早いかもしれませんね。

まとめ。家計管理は人生を豊かにする

50代から夫婦ふたりで家計管理をするようになりました。

衝突したり、ガッカリしたり。テンションがだだ下がりすることも多々ありましたが、それよりもメリットの方が多くて、勇気を出してチャレンジして本当に良かったと思います。

豊かな人生に、家計管理はやはり必須。

結婚しているなら、夫婦で協力して家計管理(ライフプランとセットね)をすると、豊かな時間もさらに増やすことができると思っています。

これからも時に衝突しながらも、お互い磨き合いながら、より良い家計管理を目指していこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。ではまた明日~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました