当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

夫に家計簿みせられない主婦から脱出!夫にも見せられる家計簿を!

夫に見せられる家計簿にしていこう 夫婦・パ-トナ-

夫に家計簿みせられない・・・。

でめこ
でめこ

これは、過去のわたしの「本音」であります。。。

そんな状態から【100%脱出!】を目指すことにしました。(^o^)

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

夫に家計簿みせられない理由

過去。夫に家計簿みせられない…と思っていた理由。

それは

「お金を使いすぎているとの後ろめたさがあった」から。

節約主婦でありながら、その対極である「浪費妻」でもありました。

でめこ
でめこ

自分の服にはけっこうなお金をかけていましたから。

それなのに、夫が外食したいとか。車の道具を買いたいというと「お金ないのに!」とムッとする。

そんな自分にも、モヤモヤ・・・。

服を買う自分を正当化したくて。都合のいい理由をくっつけてはまた、服を買う。それが日常。

後ろめたい浪費を隠すために。夫に家計簿を見せるなど、1ミリも考えてもいませんでした。

ワンオペ家計管理は罪悪感を抱きやすくなる

うちは、ワンオペ家計管理。

第三者のチエックが入りません。

ですので、個人的な浪費や赤字は、隠すことができます。

でめこ
でめこ

高い服を買っても(たぶん)バレません。

でもですね。罪悪感を抱えたまま家計を管理するというのは・・・いろいろな面で、よろしくないですね。(;^_^A

いちばん良くないなと思うのは、自由でいられないこと。

お金を使ってほしい物を買ったとしても、(こんなにお金使っていいのかな・・・)と罪悪感に常に縛られている。

心から楽しんでお金を使っていない。

自由では、ありません。

家計管理で後ろめたさや罪悪感があると、いい気分ではいられない。

後ろめたさや罪悪感は、できる限りなくしたほうが人生も軽やか♪になります。

夫とお金の話ができるようになったきっかけ

わたしは40代で人生を変えたくて!(独学ですが)お金の勉強をスタ-ト。

だから、投資も始めることができました。

はじめは独身時代の貯金を使い、投資信託を購入。

投資の運用成績を、夫にも見せるようにしました。

これが、夫とお金のはなしを共有できるようになった「初めの一歩」。

いくら口で長期投資のポテンシャルを語っても。

投資に前向きでないパートナーに、それが伝わることはありません。

ですから独身のときの貯金をつかい(これなら罪悪感なしでいられました)

長期投資のプロセスと結果を見せることにしました。

こうして「コツコツ」時間をかけてみた結果。

お蔭さまでいまは、夫とお金の話が以前より気軽にできるようになっています。

ただ。

夫は今も投資には、全力で前向き!というわけではありません。

しかし、これからは長期投資で資産を育てていくことも必要なんだな、というのは理解してくれています。

それが大きな変化です。

家計管理を共有できていなかった!

そんな感じで、お金の話はできるようになったのですが。

いちばん土台となる家計管理。

これはまだ夫と100%共有はしていません。

ここが今後の課題。

ことし夫に、老後どんな風に過ごしたいのか?を聞きました。

それを実現するために。

まずは私はひとりで、お金のシュミレ-ションをしたんですね。

【老後】夫60歳でセミリタイア希望!お金シュミレ-ションしてみた
10月も終わりますね~。個人的に10月は「これからどんな人生にしたいのか?」を改めて考える機会が、すごく多かったです。夫にも老後の理想生活について、直接聞く機会もありました。ちなみに我が夫。60歳でセミリタイアした...

でもね、

これは、夫の夢です。

であれば、夫にもお金のことを知ってもらう必要がありますよね。

なぜなら、

でめこ
でめこ

わたし一人で家計を管理するのは荷が重い!!!

2024年からは夫にも毎月家計簿を見せます

ここまできてやっと、

ふたりの楽しい未来のためには、夫と家計管理を共有する必要がある!

と思えたのです。

以前は「わたしお金使いすぎている・・・」との罪悪感があり、家計を公表できなかった。

今は「ワンオペ家計管理が身当たり前になっていた」。

でも、

家計管理は夫婦ふたりの明るい未来のためにすること。

私もようやく、マインドチェンジ。

2024年からは、まいつき夫にも家計簿を共有していきます♪

夫にも責任を、シェアしようと思います♪

夫に伝えたこと

「夫にも見せられる家計簿」。

そんな言葉を頭の中でイメ-ジしていたからか。

昨日の夕飯時、夫のiDeCoに関する質問から話は広がり…

【2024年からはふたりで協力して家計を管理したい】

と、わたしの思いを伝える流れになりまして。

でめこ
でめこ

これは、ほんとうにアルアルなんですよ。

ブログネタを頭で考えていると、現実もそうなっていく・・・という、あるある。

ブロガ-の方、そんなことはありませんか?

話を戻します。

夕飯時、夫に5年後どうなっていたいのか?を改めて聞きました。

以前聞いた内容とほぼ変りなし。

でしたが、より具体的にどうしたいかがすぐに出てきました。(こりゃ、ホンキですな)

それを叶えるために、来年からはふたりで

  • 家計簿をチェックし
  • 予算を立て
  • お金まわりを整える

夫にも家計管理に協力してもらう必要があることを、伝えました。

これには夫も承諾。

超めんどくさがりの夫を納得させた理由

と、こんな風に書くとまるで夫がめっちゃ協力的ていい男に見えるかもしれませんが。(そんなことない?笑)

我が夫。めんどくさがり―――ですよ。

環境の変化も、めちゃくちゃ嫌がります。

でめこ
でめこ

たとえば、スマホを変えるとか。

じゃあなぜ今回、家計管理をふたりでやることに前向きになったのか?

それは

「自分の夢を叶えるためだから」

(だと思います)。

はじめに私から「夫の5年後、どんな風に過ごしたいの?」聞いていますよね。

たくさん出てきました。

それを叶えるためには、お金を計画的に準備しなくてはなりません。

お金がないと、セミリタイアはできませんから。

自分に益がある。だから、人は動く。

わたしもそうです。わたしにも益があると思ったらから、夫と家計簿をシェアしようと思ったのです。

【家計管理は、夫婦ふたりの明るい未来のためにすること】ですからね♪

なんだか、かなりワクワクしてきましたー。

【夫に見せられる家計簿づくり】。

今後もブログでシェアしていきますね♪

最後までお読みいただきありがとうございます。ではまた明日~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました