当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

【うまくいかない人】うまくいかない時はうまくいかない原因が必ずある

失敗を次に活かす方法 マインド(考え方・価値観・習慣)

先々週からうまくいかないことがあり、む—ん・・・。モヤモヤが続いていました。

それが、一粒万倍日と天赦日と虎の日が重なる、最強開運日の昨日。

するする~っと鎖が解けるように、あっという間に解決!さすが、開運日♪

・・・というか、運を拓くには最強開運日よりもっと大事なことがあるな、と最強開運日に気づかされました。

でめこ
でめこ

さすが、最強開運日!

うまくいかない時は、うまくいかない原因が必ずあります。

うまくいかない人の特徴にもなるので、私の経験をシェアしてみますね。

「これからどんどん、自分で運を拓いていきたい」という方は最後まで読んでいただけたらと思います。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

上手くいかないのには必ず原因がある

なんか上手くいかない、流れに乗れていない・・・。

それには必ず原因があります。

うまく行かない原因を取り除けば、必ずうまくいくようになります。

でめこ
でめこ

ですから「うまくいかない原因=課題」を探し、そこを改善していく必要があります。

Why?なぜ?で問題の根本を探してみた!

うまく行かない原因=課題を探すひとつの技法に「Why(なぜ)」を繰り返すこと、というのがあります。

これは、トヨタ自動車によって広く知れ渡った「5つのWhy」とか「なぜなぜ分析」と呼ばれる「問題の根本原因を探る方法」。

ご存知な方も多いと思います。

でめこ
でめこ

コ-チングでも「why?」の質問がよく使われます。

Why?を繰り返すことで、表面的な部分ではなく、もっと深い部分へ原因を探しに行くことができる、と言われているんですね。

私も今回、うまくいかないことがあったので

「なぜ?なんでうまく行かないと思う?」「原因があるとしたら、何だと思う?」

この問いかけを、もうなんども繰り返しました。

昨日までずっと、続けていました。

約2週間。ながっ!( ̄▽ ̄;)

長くなってしまった原因もちゃんとあるので、それについても書いていきます。

上司と「Why?」を繰り返した

仕事でのことだったので上司に相談し、一緒に「なぜ?」「なんでだろう?」を繰り返しました。

ひとりだと視野が狭くなりますが、誰かと一緒になぜなぜ?をやると、より広い視点でみることができます。

でめこ
でめこ

職場のチ-ムで「why?」をやってみるのはおススメです。

ちなみにコーチングではコーチからの質問に答えることで、深いところに意識を向けることができます。

自分を過信していた!盲点!

ただ、今回わたしはこの「Why」が正しく使われないミスを犯していました。

それは「自分を過信していた」というミス。

Why?であがってきた「もしかしたら、これが原因かもしれない」という項目のひとつを、スル-してしまったんです。

これまでの経験上、(これは原因とは関係ないだろう)と、決めつけてしまったんですよね。

関係ないだろう、と決めつけると、それがわたしの視界から消えます。

意識が向けられないので、気づけない・見えないになってしまうんですね。

ですからいつまでたっても原因に辿り着けない・・・という状態に。

技法や法則を知っても、正しく使われないと結果も得られない、という痛い経験をしました。

少しでも気になるなら試してみる

(これは関係ないだろう)と思いながらも、実はそれが少し気になっていたのも事実。

気になっていたのにスル-したのは「想像」。

勝手に想像し、うまくいかない原因を、自分で作り上げてしまっていたんです。

でめこ
でめこ

「○○が原因に違いない」と決めつけて。それが正解になるような原因を探していたのです。

無自覚でそうしていたので、その他に意識が向かなず。なかなかたどり着けなかったんですよね。

ですから、少しでも気になることはとりあえずやってみること。

ぼんやりでもいいので、なんとなく気になるならスル-しない。大事ですね。

できることはぜんぶやろう

以前の上司から言われていたのは

うまくいかない時は、考えられる原因つぶし全部やろう

でした。

もしかして、これが原因かも・・・と思っても。後から「いやいや、これは違うだろう」と勝手に決めつける思考癖があるので、それはしないこと。

思いつくものは全部、つぶしていこう!と教えられてきました。

それなのに今回、わたしはそれを守らず。自分が正しい、と過信してしまったんですよね。

尊敬する○○さんだったら、どうする?

それでも約2週間ちかく、しつこく「why?」を繰り返していました。

そんな中、「もし私が尊敬する○○さんだったら、こんな時どうするかな?」とも考えてみたんです。

それに対する答えは「きっと、ずっと考えて。思いつくことは全部やり続けると思う」と答えが出ました。

でめこ
でめこ

でもわたしはコレ以上、考えが浮かばない-!頭が良くなりたいよー!と心の中で叫んでいましたね。

(できることはまだあったのに!)

「素直」になってみようと思った

2週間Why?を繰り返していた結果。

もうひとつ、私の思考をガチガチにしていた原因が分かってきました。

それは、「私の方が正しい」との思い込み。

今の上司はさいきん移動してきたばかりで、今回の仕事は初めての方でした。

そこでわたしは「私の方が経験が長いから、私の方が詳しい=正しい」と、自分を過信してもいたんですね。

上司からのWhy?をどこか「いや、多分それはこれまでの経験上、関係ないと思う」と突っぱねていたんですよね。

(あ。わたし、自分の方が正しいと思っている・・・)そんな自分に気づき「これはマズイ!」と軌道修正。

素直になろう。上司の考えを素直に聞いてみよう。

と思い直してみたんです。

そして今週一週間は、上司とアレやコレやと試行錯誤。

しかしどれも上手くいかなくて。木曜日辺りには、それが逆に、面白くなってきていました。笑

上司とも「なんでこうも上手くいかないんですかね-がはは」と笑える状態に。

そうこうしていた昨日。

上司がポツリ。「やっぱり、○○なのかなー?」と。わたしも気になっていたが、スル-していた項目を口にされたんですよね。

その言葉を聞いた瞬間。わたしの中に「ハッ!」と過去の記憶が呼び戻されて。

「そうだ!それに違いない!」と確信に近い感覚を得て、動き出したんです!

結果は「ビンゴ!」でした。

気になっていたが、早々に除外視していた項目。

それが原因だったんですよ。(;^_^A

もう、全力で上司に謝りました!

でめこ
でめこ

うまくいかない原因は「わたし」でした!すべて私が原因でした!ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでしたっ!と・・・。

まとめ。この経験からの学び

この経験から学んだことは

  • 自分を過信しない
  • 素直さこそ、開運の鍵!

どんなにいいやり方や法則(今回の場合は「Why」)を知っても、それを使わないと意味がありません。

また、使ったとしても「正しい使い方」をしないと、いい結果は得られません。

わたしも知っているだけで、ちゃんと使えていない方法がたくさんあります。

今回の「5つのWhy」だけでなく、まだまだたくさんあるので、まずは「素直さ」。

これを忘れないようにしなくては!

素直でいないと、法則も方法も効いてこないんだなと、今回つよく確認しました。

これからも上手くいかないことが次々やってくると思うので、素直さを忘れずに。課題と向き合っていこうと思います。

何か参考になることがあれば嬉しいです。

でめこ
でめこ

失敗は宝。かならず「学び」を!

最後までお読みいただきありがとうございます。ではまた明日~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました