当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

【お金のゆとりは心のゆとり】まずは理想をはっきりと決める!

お金

父と母と旅行に行ってきました。

旅行中、お金に関してとても自由でいることができ、貴重な時間を心から楽しんできました。

「お金のゆとりは心のゆとり」

よく聞くセリフですが、それを私も体感し「その通りだなぁ」と思いました。

そしていつの間にか「理想の状態」も叶っていて・・・。

自分の内側から溢れ出す「人生の目的」を明確にしておいて良かった、と心から感じる日々。

非日常だけでなく、何気ない日常の些細なことでも感謝の気持ちが溢れ出す・・・。私にもそんな時間が訪れています。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

「お金のゆとりは心のゆとり」お金のゆとりは人それぞれ違う

「お金のゆとりは心のゆとり」

と聞くと、なんだかとんでもないお金持ちをイメージするかもしれませんが。

そんなことはありません。

私にとっての「お金のゆとり」があれば、「心のゆとり」も持てるのです。

とはいえ、それじゃぼんやりしていてわかりにくい・・・と思うかもしれませんので、誰にでも応用できる判断基準を一つシェアします。

それは、

収入の範囲内で、毎月必ず「黒字」にすること

特に使う予定のないお金が自然と余る状態に、家計を整えることです。

これ、本当に最強だと思います。

そんなの無理!と思わずに。

・・・という私も実は、「どうやってそれを叶えることができるのか?」途方に暮れたこともあります。

30代の経済状況(現状を把握してみた)

今から10数年前。

30代の私は自分の将来に希望が持てず、暗い日々を過ごしていました。

原因の一つは「ライフプラン」。

家計管理の本を読み、見様見真似で「ライフプラン」を立て、今の経済状態を目の当たりにしたところ・・・

年に一度の旅行もままならない状態だ、と分かったからです。

住宅ローン・車の購入・保険の支払い・持ち家の修繕費・・・そして老後。

そういった生活に使うお金で、未来の家計も「いっぱいいっぱいだ」と気づいたのですね。

これじゃ、私が理想とする人生に圧倒的にお金が足りない!とわかり、ショックでした。

40歳で決めた目標(理想)

でも、そこで落ち込んでばかりじゃいられません。

人間、そんなに弱くない。

だから私も決めました。理想の状態を!

旅行が好きだったので、当時決めた理想は

好きな時に、好きな人と、好きな場所へ。自由に旅をして楽しんでいます!

です。

(完了系で書きました。笑)

でめこ
でめこ

これが当時の私の理想。

理想を明確に設定したんですね。

現状と理想のギャップにガクッとなる

ワクワクしながら理想を設定し、その後現実に戻ると・・・。

うっ・・・。

貯金はあるけど、それを使ったらお金が減ってしまう・・・。

など、まだまだ現実の思考が理想に追いついていけません。

でも、それが今のリアルな状態。

いいんです、今はそれでも。

ただ、現実に戻りそうになったら「理想は?」と思い出すことは大切。

現実に留まるのは簡単です。

自分を変えるのは、初めは難しい。

でも、そこを超えると、超えるから、現実が少しずつ変わっていく。

でめこ
でめこ

私も何度も「このままでいいじゃん!」と逃げたくなりました。

でも、そうしたら元のまま。

それでいいなら、それでもいい。ただ、私は嫌でした。

だから、何度も「理想」をイメージしたんですね。

どうしたら目標達成できるのか?考えて行動

そして、どうしたら理想の状態を手にできるのか?

やり方を考えました。

本を読んで、良質な情報を提供し絵tくださるブログを読み、いいなと思うことを真似したんです。

すでに自分が理想とする状態を叶えている人の真似することで、方法は習得できるんですね。

いいな!と思う方法にヒットしたら、それを取り入れるようになりました。

今すぐできることは?それをすぐにやる!

それから、「お金が手に入ったらやりたいこと」をノートに書いていたのですが。

ふと気づいたのは(これ、今もできるよね)。

お金があったらやりたいこと。

それは我が家の場合「夫婦二人で沖縄旅行」。

お金があったら・・・ではなくて。

今すぐできるのかな?にアンテナが変わっていたんですよね。

とりあえずで旅費など検索してみたところ、今でも十分叶えられる金額だと判明。

そこで夫に

でめこ
でめこ

沖縄行ってみない?

と提案してみたんです。

夫も当時は沖縄旅行へのハードルが高かったようで、「え?沖縄?(行けるの?)」と驚いた様子。

でも、「沖縄に行きたい」その感情に従いお金が手に入る前に、やってみたんです。

するとどうでしょう。

なんだ、こんなに「簡単に」沖縄に行けるんだ!と分かったんですよね。

夫婦二人で「これなら毎年これるね!」と話すほど、とても簡単に行けるんだと体得。

それ以降、ほぼ毎年のように沖縄へ行くようになりました。

つまり我が家にとって「沖縄旅行は簡単に行ける場所」に変わったんです。

思考が変わったので、現実もそうなりました。

まとめ。理想を決めて行動することで現実は変わる

そしてその後、私の理想は徐々にステージアップしていき、今回は私の理想の一つ、

親との旅行

を叶えることができたんですね。

父と母が以前から行きたがっていた「日光東照宮」。

私も中学校の修学旅行以来!

あの頃は全く興味がなかったけど、50代の今。中学生のようなキラキラした好奇心を持ち、日光東照宮を味わうことができました。

しかも、大切だと思う人たちと一緒に。

これこそが、私の人生の目的!

だからこれからも「私にとっての人生の目的」に焦点を合わせ、お金とも上手にお付き合いしていこうと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。ではまた明日~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました