当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

重要なのは「人生で本当にほしいものが何かを見つけることなのだ」

人生で本当にほしいもの お金

今日のタイトル「人生で本当にほしいものが何かを見つけることなのだ」は、

【JUST KEEP BUYING 自動的に富が増え続ける「お金」と「時間」の法則】

からお借りしました。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

罪悪感を覚えずに買い物が楽しめる2つの方法

本には、罪悪感なしでお金を使う方法として、

  • 2倍ルール
  • 「充実感」を第一に考える

の2点が挙げられています。

どちらも「なるほど!」と思う内容で、買い物をする時に罪悪感があり、心から楽しめない・・・という方にぜひ読んでいただきたいなと感じました。

2つ目のアドバイス「充実感」が得られる買い物を優先

ブログタイトルは2つ目のアドバイス、「充実感」を第一に考える から抜粋したもの。

お金を安心して使うための2つ目のアドバイスは、充実感が得られるお金の使い方を優先させることだ。

一時的な楽しさではなく、いつまでも心を豊かにし続けてくれる充実感に目を向けるのだ。

どうすれば充実感を高められるか?

では、充実感はどうすれば高めることができるのか?

ただ、この答えは簡単には出せないようです。

本には「簡単に答えられる質問ではない」書いてあり、何に充実感を感じるのか?は人それぞれ答えが違うようです。

重要なポイントは

突き詰めれば、お金は自分が望む生活を実現する道具であるべきだ。

やはり、「お金は道具」。これをまず設定すること。その上で

人生で本当に欲しいものが何かを見つけることなのだ。

自分にとって大切なことは何か?

こんな生き方はしたくない、と思うものは何か?

どんな価値観を世界に広げたいか?

こうした問いへの答えがはっきりすれば、お金を使うことが簡単になり、楽しくなる。

つまり重要なのは、「何を買うかではなく、どんな基準で買うか」なのだ。

罪悪感が生じるのは納得できる「正当な理由」がないから

買い物をすると罪悪感が生じるのは

(こんな高いもの買っていいのか・・・)と、頭によぎるから。

それは、それを買う理由に、心から納得できていないと起こりやすい現象。

そんな時、私がやりやすいのは「ご褒美」で誤魔化すこと。

特に頑張っていないけど、「いつも頑張っている自分へのご褒美!」といって、誤魔化す。

これ、よくやっていました。

いや、本当に頑張っている自分へのご褒美ならいいんです。

そうじゃなくて、私の場合。

「自分に足りない何かを埋めるためにしていた買い物」だったんですよね。

それが本当に欲しいわけじゃな買った、つまり、心が豊かにならない買い物だったんです。

だから「罪悪感」があったのだろうと考えます。

本には、

買い物を正当化する理由を探すには、それが長続きする充実感につながるかどうかを考えるといい。

と書いてあり、確かに「長続きする充実感」につながる買い物には罪悪感はないですね。

本当に欲しいものを買うと、罪悪感って湧かないものなんだな、

自分が人生に何を求めているのか?見つけるのは自分しかいない

さて。

では、人生で自分が何を求めているのか?は、どうやって見つけたらいいのか?

それはもう、自分で見つけるしかないわけです。

自分が何を求めているのか?理解できるのは自分しかいないから。

見つける「コツ」は、

ワクワク!楽しい!大切だとおもうものや経験に、少額からお金を使って試してみる。

まずは手元にあるお金を使って、小さく試してみること。

そして、それを手にした時と、手にしてからの自分の気持ちを確認していく。

満たされる時間が長いものならば、それは今の自分が欲しいものになります。

満たされない、心が豊かにならないものは、違ったということになります。

試さないとわからないので、まずは小さく試していく。

そんなふうにして、小さく試していくうちに、「これだ」という答えに辿り着けると思うのです。

私もやっと自分が何を求めているのか?人生で本当に欲しいものが何かを見つけたので、それを基準にして、お金を使えるようになりました。

すると本当に、お金を使っても罪悪感を全く感じないんですよ。

ただし、大切なので大文字で書きますが、

収入の範囲内で、予算の範囲内で、使っても平気なお金を使う

これを守って、お金を使っています。

必要なものに必要なお金は、自分で生み出せる

私にとって必要なものに必要なお金がいくらかもわかっていて、その分のお金は今の自分で生み出せるので、お金を使っても困らない。

問題ないわけです。

私は、自分の人生に必要なものはそんなに多くなくて。

それに必要なお金も、今の自分の収入+資産で十分賄えると計算でわかっています。

だから、安心して必要だと思うものにお金を使えるようになりました。

ただ、お金を使うときはめちゃくちゃ考えてから使います。

先日は、夫が夕飯にナポリタンを作ってくれるとのことで、タバスコと粉チーズを買うか?買わないか?よく考えました。

考える時間は短いのですが、考えずにお金を使う(どんぶり勘定)ことからは「卒業」。

ちなみにタバスコと粉チーズに悩んだのは、過去、使いきれずに無駄にした経験があったから。

それでもナポリタンには粉チーズとタバスコがあった方が人生が楽しくなる!と思えたので、購入。

ただし、粉チーズは小さいものを。タバスコは賞味期限が長いこと、ナポリタン以外の使い道も考えて(ピザ・グラタン)買うと決めたんですね。

で、実際ナポリタンに使ってみたら・・・

これが、めちゃくちゃうまい!

ナポリタンは月に1、2回夫が作ってくれます。

今まで粉チーズ・タバスコなして食べていたのですが、それと比較すると、数倍美味しい・・・。

充実感、長続きしています。

つまりこれは、必要な買い物だった、と判断できますね。

まとめ。

買い物をすると罪悪感を感じるときは、

人生で本当にほしいものが何かを見つけること

を優先させること。

それが充実感が長くお金の使い方になり、買い物をする正当な理由になるからです。

買い物をする理由に実は納得できていないと、罪悪感として後味の悪さが残るのかもしれません。

でめこ
でめこ

過去の私は、自分に足りないものを埋めるためにしていた買い物を「頑張っているご褒美」と言い訳していました。

本当の理由(この段階では「承認欲求」)を認めてあげないから、いつまで経っても真の理由に辿り着けなかったのかな?と感じますね。

お金の使い方。それよりも重要なのは「自分が何をほしがっているのかを見つけること」。

という話でした。

おすすめです!JUST KEEP BUYING

最後までお読みいただきありがとうございます。ではまた明日~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました