当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

やりたいことがあるけど夫に反対される【夫ブロック】の対処法

夫婦 夫婦・パ-トナ-

「やりたいことがあるけど、夫に反対された」。

または、「夫がいい顔してくれない」。

「どうせ夫に言っても分かってもらえない・・・」

だから、やりたいことを諦めたり、我慢してしまう。

もう少し自由に好きなことがしたいんだけどな・・・。

と、悩んだことはありませんか?

やりたいことがあるけど、夫がいい顔しない。だから諦めてしまう。といった現象。これを私は

「夫ブロック」と呼んでいます。

デメコ
デメコ

わたしも40代は

夫ブロックで、

かなり

悩んできました!

そして色々な方法を試し、夫ブロックを乗り越えてきました!

いまはやりたいことがあれば、夫に「これがやりたいんだよね~」と言えるまでになっています。

そんな状態がいま、ものすごく楽で心地よくて、しあわせです。

そこで今日は、過去の私と同じように、夫ブロックに悩んでいる方へ。

私がどうやって夫ブロックを乗り越えてきいたのか?その対処法をお伝えしたいと思います。

この記事を読むことで、少しでも思い通りの人生をはじめることができる人が増えれば、うれしいです。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

ステップ1:なぜ夫ブロックができるのか?を理解して受け入れよう

まず初めに。なぜ夫ブロックができてしまうのか?について私の考えを説明します。

ひとつは、

どうせ分かってもらえないの反対側にある、「わかってほしい」という思いから生じているのではないか?

と私は考えます。

本当は夫に私のことを、もっと受け入れてほしい。理解してほしい。

そう思っている。ただ、これはあくまで私側の願い。希望。エゴ、とも言えます。

しかし、夫は別の人間です。夫がどう反応するのか?は、私にはコントロ-ルすることはできませんよね。

それを自分の理想通りにしようとすると、「夫ブロック」が出来てしまうんです。

もうひとつは、

まだ自分でも自分のやりたいことに自信がない

という場合もあります。やりたいことをやって、結果が出せるかもわからない。

自分でもまだ自信がないので、夫の反対にあうとますます自信がなくなり、

「夫に反対されたから、できなかった」と、無意識のうちに、やらない理由を夫のせいにしてしまう。

「どうせ言ったって、分かってもらえない」も、根本は自分の自信のなさからくるもの。

たとえば、自分で自分の選択に責任が持てる人は、夫に反対されてもそこまで気にしない人もいます。

同じ事象でも、人によって「ブロック」に感じる人もいれば、

「この人はこんな風に思うんだ。でも私はこうしよう」と捉えられる人もいます。

これが、わたしの「夫ブロックができるしくみ」。まずは、ここを理解して受け入れてあげます。

受け入れるとは、

「あぁ、私は本当は夫に自分を受け入れてほしかったんだな~味方になってほしいんだな~」

「あぁ、私は自信がないんだな、こわいんだな~」

だから「どうせ話しても理解してもらえない」と、夫のせいにしていたのかもしれないな、と。

自分の本当の気持ちを受け入れてあげる。つまり、

夫ブロックは、わたしが作っていただな。

と、受け入れてあげる。自分でブロックを作っていたのであれば、自分で壊すこともできるかもしれない・・・。

そう思えるだけでも、夫ブロックは少し壊すことができます。

ステップ2:急激に変化するのは避けよう!

夫にやりたいことを自由に言えるようになれたらいいな、

そう思います。ただ、いまははまだ出来ない、と感じている。

そうであれば、急に一気に「何でも言える自分になる」ことは避けましょう。

何でもそうですが、急激な変化は大きなストレスになります。

夫にも、自分にも。ですので、急に一気に変化しようという考えはここでは手放してくださいね。

急激な変化は、変化も早いかもしれませんがその分リバウンドも激しいです。

確実に変化していきたいのであれば、まずは基礎。土台部分をしっかりさせること。

これがキモ!肝心ですよ。少しずつ、変化していきましょう。少しずつ、できる範囲を広げて行きましょう。

ステップ3:言いたくなければ言わなくてもいい。コッソリ始めよう

やりたいことができたら、必ず夫の許可を得なければいけない。

もしかしたら、そんな思い込みを持っていませんか?

よく、自己啓発の情報に「夫婦で同じ目的を共有していた方が願望が叶いやすい」

と書いてあります。これを目にした時私は、

デメコ
デメコ

そうか・・・

夫婦で同じ方向を

向いていないとダメ

なんだ・・・

そう思いました。だからうちは望みが叶わないのかもしれない、と。

そんな風に捉えてしまったんです。でもこれは私の誤解でした。

夫婦で同じことに興味を持っていなくても、大丈夫!

自分が、なにをやりたいのか?そこを大事にしてください。

その上で、まだ夫には自分が好きなことやりたいことを言えない・・・と感じた時は。

言わない、という選択をしてもいいのです。こっそり隠してやる、という選択をしていいのです。

デメコ
デメコ

ちなみにわたしは

はじめのうち、

言えない~と思うこと

は、全部隠してやって

いましたよ~

お金の本やスピ系の本は

ずっと隠して読んで

いました!

なんでもかんでも、夫婦で共有しなくてはいけない、という思い込みは手放してもいいのです。

ただし、「結婚」という制度を自分たちで選んでいる事はお忘れなきよう・・・

結婚という制度の中での自由。ここは忘れてはいけないな、と思っています。

とにかく、皆さんがやりたいな、と思うことはどんなことがあっても諦めず、チャレンジしてみてください!

ここで必要なのは、「勇気」です。

勇気をもって、どうやったらできるかな?と考えると、方法が見つかると思いますよ。

ステップ4:言いたいなと自然に思った時はためしに話してみる

勇気をもって、こっそり隠れて好きなことをはじめると

だんだんと自分が好きなことに自信が持てるようになります。

すると、自然とそのことを話したくなることでしょう。

そのタイミングで初めて、口に出してみます。

ですが、たぶんここでも夫に反対されたりいい顔をされないことがあるかも

しれません。私はありました…。それで凹みもしました。

しかし、不思議と立ち直りも早いのです、凹んでも好きなことをやめよう、あきらめよう、とは

もう思わない。思えないのです。こんなに好きなことを、簡単に諦めたくない。

それが、コツコツ続けていたパワ-。コツコツ土台をしっかりと築き上げてきた結果、

多少の横風にも倒れない、めげない、あきらめない。柳のようなしなやかな強さを手にしているから。

ここまでくれば、もう大成功!

ここから先は、自然とやりたいことができたら

  • 夫に相談してみよう
  • 夫と話し合ってみよう

という意識が芽生えるようになります。

ここでも勇気が必要です、ですが、もうその勇気はみなさんにしっかりと根付いています。

だから、だいじょうぶです!

まとめ!

まとめ!

40代から自分で自分の人生を変える!と決めると、

これまで興味がなかったことにチャレンジしたくなる!

という現象が起こると思います。

これは、自分の意識の向き(ベクトル)が変わったので、興味関心を持つことも変わったせいです。

意識が変われば、やりたいことも変わります。

デメコ
デメコ

私はまず、

読みたいな~と思う

本が変わりました。

その後、生活習慣も

変えたくなったり。

と、そんな変化が

ありました!

ところが、身近な家族(うちの場合は夫)は変わっていません。変わったのは、わたしだけ。

ですから、夫は妻の変化に戸惑い、心配し、恐れます。

だから反対したり、嫌がったりするのだと思います。

この夫ブロックを超えない限り、新しい扉を開くことはできません。

ですから、みなさんにもどうにかして、この夫ブロックを乗り越えて欲しいと思います。

今の自分がやりたいな~と思うことは、どんどんやってあげてください!

みなさんが行動することで、運はどんどん開いていきます。

皆さんが好きなことをして、キラキラ輝きだすと、それは身近な人にもいい影響を与えます。

デメコ
デメコ

わたしもこれからも

勇気をもって。

夫と話し合って

お互い好きなことを

自由にやれたら

良いな、と思っています!

何か参考になることがあれば嬉しいです。それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました