当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

【理想の家計】お金に振り回されない・困らない状態に整えること

理想の家計管理とは? お金

今年から家計管理のやり方を王道スタイルに戻しました。

王道と邪道(?)両方のやり方を経験して分かったことは、

でめこ
でめこ

やっぱり凡人(私)には、王道スタイルが向いている!!!

安心感ハンパないですね、王道の家計管理!

これが理想の家計だな、と実感しています。

ということで今日は、理想の家計とは何か?を、個人的な意見になりますが書いてみます。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

理想の家計・毎月必ず貯金ができること

今月は貯金ができたけど、来月はお金が出ていくイベントがあるので、貯金できないな・・・

という家計では安心できないですよね。

ですので、毎月必ず貯金ができる家計!これは理想から外せないですね。

貯蓄率の目標は「20%」

毎月の収入から20%を貯蓄に回せる家計を目指します。

でめこ
でめこ

ということは80%で生活をする、ということになります。

数字で出すとわかりやすいですね。

すでにお金の管理能力が備わっている場合。赤字になる月があっても、最後に貯金ができていればOK!という考え方もあります。

実際昨年まで私もそのようなやり方をしていました。

確かに、貯金はできました。

ただ、両方を経験して分かったことは、

毎月ちゃんと貯金ができている家計の方が、安心感が高い!

このほうが、気持ち的にものすごくラクです。

そして、長い月日家計管理をしていくのにとても大切だと思うのがこの「安心感」。

安心できる家計簿なら、家計管理も楽しくなります。

楽しいと続けられます。

楽しくないと続かないですよね。

ということで、まずは「毎月必ず貯金ができる家計」これが理想。

使いどきには貯蓄率は達成できない

毎月の貯蓄率は20%を目指します。

ただ、人生にはどうしてもお金がかかる時期というのがありまよね。

いわゆる「使いどき」。

お子さんの教育費にお金がかかる時期(主に大学)など、人生の大きなイベントではお金が出ていく時期があります。

その時は貯蓄率が達成できなくても、これはしょうがないですよね。

それまで貯めてきたお金を使う時。「使いどき」なので、目的のためにお金を使っていいとき。

我が家も自分たちではコントロールできない家の事情で、毎月8万ほどお金が出ていく時期がありました。

その時はすでにお金について学んでいたので(これはお金を出す時だな)と判断でき、フラットな気持ちでお金を送り出すことができたんですね。

家計管理で

  • 固定費削減
  • 貯蓄

これができていたので、使いどきを乗り越えられたのだと思います。

それと、お金について学ぶことも。

お金のついて学んでいなかったらきっと(なんで私ばかり・・・)と暗い気持ちでお金を送り出していたことでしょう。

話がそれましたが、毎月貯金ができる家計!これが理想の一つです。

理想の家計・生活防衛資金があること

生活防衛資金があることも、理想の家計ですね。

万が一があっても、半年程度は生活できるだけの現金を貯めておく。

こうすることで、やはり気持ちが安心します。

何かあったら、生活できないのではないか・・・という不安の根っこはやっぱりお金。

しばらくは耐えられるだけのお金があれば、今も安心して暮らすことができるので、生活防衛資金がちゃんと備えられている家計は理想ですね。

でめこ
でめこ

生活費の半年分〜1年分あれば十分かと考えています。

うちは、夫名義の銀行口座に入れています。

理想の家計・住居費は収入の25%であること

住居費が収入の30%を超えている家計では、貯蓄率(20%)を達成するのは難しいので、住居費は25%以内に収まっているのも理想。

ちなみに、となりの億万長者には、

将来、資産家になりたいと思うなら、住宅ローンは年間の現金所得の二倍以内に抑えること。それ以上の高い家は絶対に買ってはダメ。

引用:【新版】となりの億万長者

と書かれてあります。

住宅ローンは年間現金所得の二倍以内・・・。

かなり厳しい数字ですが、それぐらいでないと資産家にはなれないってことですね。

でめこ
でめこ

「お金持ちはお金があるからお金持ちなのではない、お金がない時からお金を自分で管理していたからお金があまり、お金持ちになれたのだ」と言われていますよね。

実は、お金持ちの人ほど、家計管理をしっかりしているという話は有名です。

私を含め、ほとんどの方は資産数十億!を目指すわけではないと思いますが、お金に困らない人生を目指す、その方向はみんな同じ。

そのために、家計管理は必須!

まずは、住居費を25%以内に抑える意識を持つことから。

でめこ
でめこ

収入が30万のご家庭は、住居費=7.5万円内。

ただ、人生の優先順位で考えたとき。

住環境はどうしても譲れない!という場合は、そのほかを削って住居費に回すという選択もありだと思います。

車はいらない、洋服もこだわりがない、旅行も興味がない。

自分は家にいる時間がいちばん大切だ、という方もいらっしゃることでしょう。

理想の家計・人生の目的が明確であること

ここで重要なのが、

人生の目的を持つこと

人生の目的のために、お金を使える家計。

そのためには家計管理をする目的を、はっきり持つことが大切。

お金の使い方は、人生で何がしたいのかによって変わります。

まずは、生活を安定させること。

安心安全に生活できる環境。そこにお金を使います。

ここが満たされてから、人生で達成したい、叶えたい、成長したい、その欲を満たすためにお金を使えるようになります。

ここからわかることは、人生の目的を持たないとお金をうまく使えないよ、ってことです。

目的がないと、周りに流されてお金を使ってしまうから。

周りと比較して、いい家に住まなくちゃとか。いい車に乗らないと、とか。ブランドのバッグを持たないと、と。

他人との比較でお金を使っていると、お金はいくらあっても足りなくなりますよね。

だって、自分よりいい家に住んでいる人、いい服を着ている人、いい車に乗っている人はたくさんいますから。

欠乏欲求を満たすレースから抜け出さないことには、お金から自由にはなれない。

でめこ
でめこ

「他人からすごい!と思われたいためだけで、お金を使っていないか?」

承認欲求を満たすお金の使い方の全てが悪ではありません。

誰だって、承認欲求を持っていますから。私にも、あります。

でも、そこばかりにお金を使っても満たされないのも事実。

見えで大切なお金を使っていないか?

この人生で、私は何をしたいのか?

人生に必要なものを集められているのか?

人生の目的を達成するために必要なものには、お金を使ってもいいんです。

そのために、毎日・毎月・毎年、家計管理をして、私がお金をコントロールするのだから♩

つまり、やっぱり、家計管理って楽しいものなんです!

ということでー、

これからは「楽しい家計管理」の情報発信もどんどんしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。ではまた明日~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました